よくあるご質問


Q1:かなりの距離を泳ぎますか?漕ぎますか?

A1:スノーケル体験

  • ビーチから最大300mのところで引き返すコースです
  • 島々を縫うように島に沿って泳ぐので、岸から遠く離れることはありません
  • 適宜休憩できる岩場がありますし、途中引き返すことも可能です
  • 水深も1~4mぐらいの場所で、最大でも8mの深さです
  • 潮が流れるところもありますが、外洋ではなく、基本的には入り江ですので潮に流される心配もありません

 A1:SUP体験

  • スノーケリングより広い範囲(往復で2~3km)を漕ぎます
  • 城原海岸スタートの場合、隣の鴨が磯まで行って帰ってきます
  • 島々の間や洞窟の中を漕いですすみ、岸から遠く離れることはありません
  • 休憩ポイントでスノーケルなどもできます(別途レンタル料500円~)
  • 小さなうねりのあるポイントでは波乗り体験もできます(経験無しの方でも乗れます)

Q2:どれくらいの時間がかかりますか?

A2

  • 基本的には集合から解散まで3~4時間です
  • 標準的なスケジュールは次のとおりです

着替~移動(30分)

レクチャー(30分)

スノーケリング/SUP(90~120分)

移動~着替(30分)

※参加者の皆さんのコンディションにより時間調整します

※集合時間は午前9時、午後13時が基本です(申し込み状況により変動します)

※集合場所はお申し込みの方にご連絡させていただきます

 


Q3:何を準備したらよいですか?

A3

  • 水にぬれてもよい格好(水着)、着替え、日焼け止め、飲み物などを準備ください(コンビニ等は体験場所周辺にはありません)
  • なお、体験場所にはトイレがありませんのでビーチから徒歩5分の駐車場のトイレが最寄となります

 


Q4:クラゲに刺されたりしませんか?

A4

  • ウェットスーツを着用するので、肌が露出する頭部を中心にクラゲに刺されないよう注意する必要があります
  • 浦富海岸で最も注意が必要なクラゲは「アンドンクラゲ」です
  • 8月を中心に大量発生し、刺されるとみみずばれになり痛かゆくなります
  • 「お盆を過ぎるとクラゲが増える」は間違いで、「お盆をピークにクラゲは減ります」。
  • ご安心ください!クラゲの生態を熟知したTottori Blueスノーケル&フォトサービスでは、「クラゲに99%刺されない方法」により、お客様のクラゲ被害ゼロをお約束します。

→ クラゲに99%刺されない方法への■リンク■(BLOG:鳥取BLUE)

 


Q5:サメなど危険な生物はいませんか?

A5

  • 人を襲うようなサメは体験海域ではここ30年遭遇したことがありません
  • 危険な生き物としては、次のようなものがあります

(死に至る危険性があるもの)

カツオノエボシ(クラゲ)・・・・・浦富海岸では極めてまれですが、注意して行動します

ヒョウモンダコ・・・・・・・・・・・・・浅い場所ではあまり発見されませんが注意して行動します

(刺したり噛み付いたりするもの)

シロガヤ・・・・・・・・・・・・・・・・・・触れると刺され、数週間にわたりかゆみと腫れが続きますので随時注意喚起します

オニオコゼ・ハオコゼ・・・・・・・・発見次第、注意喚起します

ガンガゼ(ウニ)・・・・・・・・・・・・山陰海岸には生息していません

アンドンクラゲ(Q4再掲)・・・・「クラゲに99%刺されない方法」により対処

 


Q6:泳ぎに自信が無いのですが?

A6

  • ウェットスーツを着用しますので、スーツに浮力があるため体が沈むようなことはありません
  • 水深の浅いところから足ひれやスノーケルを練習して、徐々に深いところに移動していきますが、遊泳力が求めらるような場所ではありません
  • ただ、水に対する恐怖心がある方はご遠慮ください 

Q7:平日はやってないのですか?

A7

  • 日にちによっては対応できることがありますので、メッセージフォームからお問い合わせくださいませ 

Q8:小学校低学年は参加できますか?

A8

  • 基本的には小学校3年生からとさせていただいてておりますが、「身長120センチ以上」「泳げる、または水に慣れている」「親が同伴」「自立している(一人でウェットスーツなどの着替えが出来る)」の全てに◎のお子様は参加できます
  • 詳細は、メッセージフォームからお問い合わせくださいませ 

Q9:全くの初心者で不安です

A9

  • 浦富海岸での体験プログラムを始めましたのは主に初めての方を対象にさせていただいております
  • 水中眼鏡の前に広がる海の世界にきっと夢中になってしまい最初の不安もどこかへ吹き飛んでしまうことでしょう

  • はじめは浮き袋だったのが、知らぬ間に浮き袋が邪魔になってしまう「親もびっくり」のお子様が多数です

  • 未経験の方で自信のない方も、慣れるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、お帰りの頃には新しい世界を切りひらいた自分を知ることとなるでしょう♪

Q10:コンタクトレンズで参加できますか?

A10

  • 水中眼鏡の脱着時に顔を洗う程度の水の作用がありますがあまり問題とされていません
  • 水中眼鏡が不意に外れたりするとコンタクトレンズが外れることが想定されますが、めったに無いことで、スキューバダイビングでは最近はOKとなっているようです

Q11:度付きレンズはありますか?

A11

  • 度付きレンズのレンタルを追加料金500円にて準備いたします
  • 準備に時間がかかることがあるのであらかじめ相談ください
  • こちらのレンズを装着します→リーフツアラー水中マスク用度付きセット